TOP卒業生の軌跡2012年

2012年度 卒業生の軌跡





1 鈴木 章哉

 

2 塚原 隼斗

3 竹原 陸真

4 岡田 悠希

 

 

 

5 大沼 怜央

6 奥野 日々輝

7 杉山 大輝

 

 

 

8 倉持 拓馬

9 長谷川 喜紀

10 黒澤 太雅

 

 

 

11 金子 恵大

14 富岡 哲平

 

 

島貫 公宏

コーチ





 鈴木 章哉
気が付けばもう卒業ですね。思い出は3つあります。
1つ目は高島杯です。
1試合目はアビリスタにざん敗しました。・・・が、
三位パートの最後の試合、相手は忘れてしまいましたが
FWで出場してとても気持ちのいいゴールを決める事ができました。

2つ目は関東リーグです。
4年生の時、5年生の代わりに参加したこの関東リーグ、結果はダメダメでした。
でも、相手のチームは1つ学年が上でシュートも強かったのでやりがいもあり楽しかったです。
それにMVPになりノートももらいました。

3つ目の思い出は2012年の合宿の2日目の練習中にやって来た雷雨です。
これが一番印象に残っています。
練習をしていたら急に雨が降って来たと思えば雷まで寒さはキーパーシャツを着て何とかしました。
同学年2人と先輩1人がはしゃいで水たまりにスライディングしてましたね。
寒くないのでしょうか?

この3つがぼくが今までサッカーしてきて最も印象に残っていることです。

中学校に進学しても、あと3年サッカーを続けるつもりです。
もちろん感謝しています。
五年生の時からお世話になった一之瀬コーチ
五年間くらいお世話になった島貫コーチ
お父さん方、お母さん方、ありがとうございました。
これからもがんばります。



島貫コーチより

頼れるチームの守護神。
たくさんのピンチを守ってくれました。
そしてキャプテンとしてもチームをまとめて盛り上げてくれたね。
人間としても成長してきた6年間だったと思いますが、これから先クラブチームではひとつしかないポジション争いをしていかなくてはいけません。
その中で積極性や自分らしさを出してこれからもレギュラーを目指して頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
君ならクラブチームでもサッカーと勉強を両立し頑張っていけると思います。
まだ、考える力と表現することがまだ身についていないので、中学校、クラブチームの生活で身に付けてください。
陰ながら応援しております。



▲ このページのトップへ
 塚原 隼斗
四年生の時にブルーイーグルに入りました。
上手くいくかなぁと心配だったけど僕には3つ嬉しい事があります。
一つはブルーに入った時から皆が仲良くしてくれたことです。
2つ目は初得点の時です。
3つ目は失敗しても優しくアドバイスしてくれたことです。

こんなに少ない時間で上手く出来たのもコーチやブルーの皆 お父さん お母さん方のおかげです。
本当にありがとうございました。



島貫コーチより

高いポテンシャルを持ったプレーヤー。
とても独特なドリブルで相手を抜く姿には驚かされました。
体も強くとても魅力的な選手です。
また、フットサルなどでも果敢なプレーを見せてくれ今後のサッカー人生に本当に期待しています。
中学でもサッカーを続けるということで練習をしっかりとやり、努力して自分らしさを忘れずに頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
隼斗は、まだ自分の持っているポテンシャルの半分しか使っていないという印象を強く持っています。
隼斗は、サッカーの練習に参加にでて一生懸命やればもっと活躍できる選手になれたなあと思い残念に思います。
今後は、中学校でサッカー部に入って練習を一生懸命に取り組み活躍できる選手になってください。
応援しています。



▲ このページのトップへ
 竹原 陸真
僕は2年生の冬からブルーに入りました。
体験に行ったとき、自分の学年がいなくて、一つ上の学年の練習に参加しました。
その時はとてもきつかったです。
いろんなポジションをやりましたが、一番好きなのは、サイドハーフです。
ときにはシュートもドリブルも出来るからです。
4年間いろいろとお世話になりました。
そしてチームメートの皆さん一緒にサッカーをしてくれてありがとうございました。
中学に行っても頑張ります。
本当にありがとうございました。



島貫コーチより

負けず嫌いで努力家。
体は小さいけれど技術などは努力することでカバーしていたね。
意外と色々なポジションで出場する機会があり、大変だったと思うけど、その中で得たものはたくさんあったはず。
これからはクラブチームに行くけれどライバル達はみんな努力してレギュラーを取りに来るからそれに負けないようにこれからも自分らしさを忘れずに頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
陸真の特徴としては、理解力の高い所がいい所です。
クラブチームに行くということなのでいまの理解力を活かして技術、戦術を早く吸収して活躍できるように期待しております。
今後もサッカー、学業両立して頑張ってください。



▲ このページのトップへ
 岡田 悠希
ぼくのブルーでの思い出は、六年生の6ブロックのフットサル大会で準優勝したときのことです。
最初の高島平のピッチでやったときは負けたりドローになったりしてとても準優勝までいくとは思いませんでした。
けれどトーナメント戦までいったときはとてもうれしかったです。
決勝戦はアミーゴとあたりせんせい点を入れられて、そのあと1点とりかえしましたが1対2で負けました。



島貫コーチより

チーム一番のガムシャラ選手。
ブルーに入ってからすぐにチームの中心でチームを盛り上げてそして楽しませてくれました。
ガムシャラ過ぎて怪我をしてしまうこともあったけれど、そんな時でもチームのために献身的に頑張ってくれました。
クラブチームに行くとガムシャラだけでは戦えないこともあると思うけど、自分らしさを出してこれからも頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
約二年間ですが、私の指導によく付いてきてくれました。ありがとう。
悠希の特徴として1対1で攻守とも体張って戦えることです。
この特徴は、クラブチームに行っても活かせると思いますので頑張ってください。
今後もサッカーだけではなく色々な面を伸ばして頑張ってください。
応援しています。



▲ このページのトップへ
 大沼 怜央
僕は三年生から入って四年間とてもお世話になりました。
コーチには学んだことがたくさんあり、自分にあったプレーを教えてくれたりボールのあつかい方など中学に向けての練習をしたりして時には厳しい時もあったけど自分の為だと思い必死に練習を続けました。
自分がサッカーを楽しくやれたのは、今まで色々教えてくれたコーチや応援に来てくれたお父さんお母さん方のおかげだと思います。
ブルーで学んだことを生かして中学でも自信を持ってサッカーを頑張りたいです。
本当にありがとうございました。



島貫コーチより

チームの唯一のレフティー。
主にディフェンスで頑張ってくれました。
安定感のある守備には本当に支えられ勝利に貢献してくれました。
また、左サイドからの思いきりのあるシュートはとても魅力的だったよ。
6年になったくらいから本当に落ち着いて回りが見れるようになった印象があってその落ち着きは今後さらに必要になると思うから中学でも自分らしさと共に忘れずに頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
約二年間ですが、私の指導によく付いてきてくれました。ありがとう。
怜央は、まだ自分の利き足の左を極めることを重点においていけば、よりいいプレイヤーになれると思います。
中学校では、ブルーの先輩からレギュラーを奪うくらいの気持ちでがんばってください。



▲ このページのトップへ
 奥野 日々輝
ぼくは、土曜・日曜日にブルーイーグルスの選手として、練習や試合をしました。
平日は学校で休日はサッカーだったので、休みたいと思った日も有りました。
それでも練習に行きました。そのおかげで試合もいい結果が残せました。
初めて一年生の時に行った合宿で、夜に肝試しが有りました。
なにも出て来ていないのにお風呂などの音が怖くて帰ってきてしまいました。
合宿では、たまに花火も有りました。
ぼくの学年は2年生まで部員が少なくどうなるかと思いました。
一度部員が多くなりましたが、今は12名しかいません。
三年生のときから骨折を2回、肺炎を1回しました。
骨折の理由はおかしいです。
1回目はすべり台から落ちて2回目は自転車で転んでなりました。
ぼくは中学生になって茶道部に入りたいのですが、父がだめというのでサッカー部に入ります。
父は土曜・日曜日にひまだからといって役員になってしまいました。
バカみたいです。
熱でも行ってしまうので周りの人はうつらないように気を付けて下さい。


むらパパは木曜日の夜に練習会を開いてくださりありがとうございました。

たくまパパも木曜日の夜にたくまパパの休日を使ってサッカーの練習会を開いてくださりありがとうございました。

れおパパとだいきパパは練習や試合の時に見ていてもらいました。ありがとうございました。

一之瀬コーチは一学年上のコーチだったのに試合を見に来てくれました。
六年生になった島貫コーチと一緒に練習や試合を見てくださりありがとうございました。

島貫コーチは一年生の頃からぼくたちの学年のコーチでした。
人数が少なかったりして練習もやりにくかったと思いますが練習メニューを考えてくださりありがとうございました。


六年間ありがとうございました。



島貫コーチより

チームの頑張り屋さん。
6年間の出席率ナンバー1で一番頑張った一人です。
本当に頑張ったんだなと思うくらい成長したと思います。
おそらく高学年になるにつれて意識が変わってきたのかなと思うくらい変わってきたのかなと思っていましたが、試合での活躍も目立ってきていました。
やはり思いきりのあるプレーが持ち味だと思うからその自分らしさを忘れずに中学でも頑張る気持ちをもって続けてください。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
日々輝とは6年間という長い期間ですが、関わってきました。
最初の印象は、サッカーできるようになるのかなあ?と心配でしたが、6年間の努力の結果、試合に出ても、活躍できる選手になりました。
ここまでになれたのは、もちろんヒビキの努力もそうですが、お父さんが一生懸命に見てくれたおかげだと思います。
ヒビキは感謝の気持ちを忘れないようにしてください。
中学校のサッカーでは本当の競争が待っていますので努力を忘れずに取り組んでください。
応援しています。



▲ このページのトップへ
 杉山 大輝
ぼくは、ブルーイーグルスに4年間お世話になりました。
印象に残っている出来事は、三年生の時に初めて行った合宿です。
夏の暑い日に30分間走をしてヘトヘトになったときのことを今でもはっきりと覚えています。
このように楽しいことだけでなくつらいこともたくさんありました。
でも、いつもそばにいてくれた仲間と共につらいことをたくさん乗りこえることができました。
いつも、たくさんの方々に見守られて充実したサッカー生活を送る事ができました。
コーチ、仲間、そしてお父さんお母さんがたいままで本当にありがとうございました。
中学校でもサッカーをがんばり、レギュラーがとれるよう、精一杯努力します。



島貫コーチより

チームの一番の働き屋さん。
中盤でとにかく献身的に戦ってくれました。
試合での運動量はチーム一番で中盤でとにかく踏ん張ってくれました。
また、チームのためというところでは、真面目にサッカーに励み、練習でも引っ張ってくれたね。
中学でもサッカーを続けると思うので是非自分らしさを出して積極的にサッカーに取り組んでもらいたいと思います。
応援しています。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
約二年間ですが、私の指導によく付いてきてくれました。ありがとう。
大樹にアドバイスとしていえることは、サッカーのプレイが真面目すぎるのでもっと相手を困らせるプレイを学んでください。
そうすればもっとサッカーのプレイの幅が広がりいいプレイヤーになれると思います。
中学校では、ブルーの先輩からレギュラーを奪うくらいの気持ちで頑張ってください。



▲ このページのトップへ
 倉持 拓馬
ぼくは、約6年間ブルーにいました。
お父さんの言葉でこのブルーに入ったので、最初に時期はサッカーがあまり好きではなく意味もなしにやっていました。
でも、このブルーでサッカーを続けていく中で、だんだんサッカーが好きになって熱心に取り組むようになっていきました。
コーチ達の厳しい練習で、僕を成長させてくれたので、僕は中学からクラブチームに入るまで伸びました。
ここまで成長させてくれたコーチ達に感謝したいです。
そして、ブルー生活を支えてくれたお父さん方、お母さん方にも感謝します。
今までありがとうございました。
クラブチームでは、ポジション争いが厳しくなるけど、ブルーで学んだことを生かしてレギュラーを取ります。



島貫コーチより

チーム一番のサッカーバカ。
本当にサッカーが好きでとにかく走って走って走り回ってボールを追いかけていたね。
右サイドの突破などドリブルが魅力的でシュートはよくポストに当てていたけど、そのドリブルは輝いていました。
クラブチームに行ったらレベルが高く全然うまい選手が多いからその中で戦うためにも自分らしさを忘れずに頑張って下さい。
レギュラーを取れるように頑張れ。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
約二年間ですが、私の指導によく付いてきてくれました。ありがとう。
拓馬にアドバイスは、サッカー第一として考えるのであれば、必ず勉強をするようにしましょう。
なぜかというと突然、大怪我をしてサッカーができない体になってしまったときにいろんな選択肢が広げられので、必ず勉強してください。
これからもサッカーを楽しんで頑張ってください。



▲ このページのトップへ
 長谷川 喜紀
僕が二年生から六年生までの五年間で一番思い出に残っているのは二年生の時の冬の大会で三位をとったことです。
なぜかというと、僕がブルーイーグルスに入ってからの初めての大きな大会だったからです。
けれご、一位をとりたかったので桜川に負けた時はとてもくやしかったです。
桜川に負けたのはいい経験になりました。
勝てばメダルという時の九曜戦はたいがのシュートが入りとてもうれしかったです。
今までありがとうございました。



島貫コーチより

チーム一番の頭脳派プレーヤー。
理解が早く柔軟なプレーをしてくれました。
体は小さく、時にはラグビーのように相手を掴んでたのが印象的です。
ドリブルで仕掛けたときに一人抜くとドンドン前に突破を仕掛ける姿は積極的でこれからもその積極的プレーを心がけてください。
中学では勉強とサッカーの両立が大事だけど今までも両立は出来てたから大丈夫だと思います。
これからも自分らしさを忘れずに頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
喜紀は、6年のこの1年間は、大変だったと思います。
受験とサッカーを両立して見事に受験に合格したことは、すごいことです。
おめでとう。
サッカーでは、頭の回転の速さと基礎技術は、素晴らしいものを持っていると思います。
小学生の時点では体が小さくフィジカル能力足りないことで負けることが、多かったと思いますが、中学生になればフィジカルは上がってくるものなのでいままでフィジカルで負けていた部分も変わってくるのでよりサッカーが楽しくなると思います。
今後も、引き続きサッカーと勉強を両立してがんばってください。



▲ このページのトップへ
 黒澤 太雅
ぼくは、一年生のころから、ブルーイーグルスに入ってました。
一番の思い出は、区大会3位でメダルをもらったことです。
その時はまだ2年生だったので冬のさむさがきつかったです。
もう一つの思い出。
一つ上の学年で全国大会のよせんでチームさいたの13ゴールをきめたことです。
その時は、すっごくおもしろかったです。
しまぬきコーチにはいろいろおせわになりました。
ありがとうございました。



島貫コーチより

才能を秘めたエースストライカー。
ブルーに入ってからずば抜けたサッカーセンスがあり、チームの大黒柱でした。
高学年になるにつれて自分でも低迷したかなと感じる部分もあったと思うけど、これから大事だから自分を見つめ直してみてください。
中学ではよりサッカー選手らしくその中に自分らしさも出していき将来プロになれるよう応援しています。
これからだ。頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
  太雅にはアドバスを送りたいと思います。
自分のサッカーのプレイの持ち味は、何かを再度見直して中学校で頑張ってほしいのとサッカー勉強の両立は必ずすること。
この2点は必ず取り組んでほしいと思います。
この2点をしっかりと取り組めば中心選手になりすばらしい選手になると思います。
中学校でも頑張ってください応援しています。



▲ このページのトップへ
 金子 恵大
ぼくはブルーイーグルスに約六年間お世話になりました。
練習が辛いこと、怒られたこと、泣いたこと、嬉しかったことなどいろいろなことがありましたが、ぼくが一番嬉しかったことは、PKを確実に決めれるようになったことです。
上耕地グランドでPKをしたときグランドがとても悪くてガチガチふるえながらもフィールドに立ち右足で思いっきりけったボールがキーパーをぬけてゴールネットにボールがしっかりと当って とても嬉しかったことは、いつまでも忘れられない思い出です。

最後にぼくをここまで成長させてくれた島貫コーチ
いつも厳しくときにはやさしく接してくれた一之瀬コーチ
お母さん、お父さん、いつも応援してくれた皆様
本当にいままでありがとうございました。

中学では今よりももっともっとうまくなれるように努力します。



島貫コーチより

華麗なポストプレーヤー。
トップでプレーするようになってワンタッチで落としたり、 ダイレクトプレーやポストプレーがとても上手くなった印象があります。
大きいからだを活かしてチャンスをたくさん演出してくれました。
もっとプレーに対して積極性が出てくるともっとよくなると思うし、 自分らしさを出して中学でも一生懸命努力して チームのエースストライカーになれるように頑張って下さい。



島貫コーチより

ユーティリティプレーヤー。
色々なポジションをこなし、チームのために頑張ってくれました。
高学年の時には主にディフェンスで活躍してくれて 混線の中の一対一で体を張ったプレーは素晴らしかったです。
また、左のMFでのドリブルが凄く印象的でボールが足に吸い付いてるような感じで驚きました。
クラブチームでは、今まで以上に積極的にそして自分らしさを出してレギュラーを取れるように頑張って下さい。



一之瀬コーチより

卒団おめでとうございます。
哲平の特徴は、体が小さいのにフィジカルが強いことと基礎技術がしっかりしていることです。
そのことを活かしてクラブチームで活躍することを期待しております。
今後もサッカーと勉強を両立して頑張ってください。



▲ このページのトップへ
 富岡 哲平
ぼくは一年の終わりにブルーに入りました。
はいったきっかけは、父さんがサッカーをやっていておもしろそうだと思ったからです。
じっさいにやってみると夢中になりました。
とくに最初に点をとったのはいまでも覚えています。
それは3年のときでした。
ゴール前でごちゃごちゃなっているところでボールをさわって点をとりました。
そのときの感動はいまでも忘れません。
いままでのぼくはすぐにパスをだして消極的だったので、 これからは積極的なプレイヤーになるよう努力します。
いままでサッカーを楽しくできたのは コーチ、お父さん方、お母さん方の手助けがあったからです。

本当にありがとうございました。



「コーチから」
卒業、卒団おめでとうございます。 優とは、最初に会ったのは、2年生のときだったと思います。 最初は、女の子がもう1人いて気持ちも楽だったと思いますが、最終的に一人になってしまい気持ち的に難しかったと思います。また、優に厳しい言葉などで傷つけたこともあったと思います。本当にごめんなさい。 6年間最後までサッカーを続けてくれて本当にありがとう。 中学校では、楽しい中学校生活を過ごしてください。 卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 みんなへ

本当に卒業おめでとう。
あっという間に過ぎてしまったような気がしています。
みんなで一緒に目標に向かって頑張ってきたこのブルーでの時間は凄く充実してました。
みんなはどうだったかな?
叶えられなかった目標はたくさんあったと思いますが、みんなで戦ってきたブルーでの時間、 ひとつのボールを追いかけ続けた一練習一試合はきっと心の中に残っているはず。
その時の思い出はコーチにとっての思い出でもあり、みんなの思い出だと思います。
本当に微力なコーチでみんなには申し訳なかったなと思っています。
もっと良いコーチだったら試合にも勝たせることが出来たはずだし、 みんなを上手くしてあげることも出来たと思うと本当に悔しいです。
でもこんなコーチの話に少しでも耳を傾けて聞いてくれて頑張ってくれたみんなには本当に感謝しています。ありがとう。
コーチにとって初めて1年〜6年通して担当させてもらったみんなはのことを誇りに思います。
みんなに残したかった言葉「自分らしさを忘れずに」という言葉を心の中にしまっておいてもらいたいです。
どんなときにも自分らしさを出すこと、自分らしさを探し続けること、自分らしさを見つめ直すことを 常に考えて人生を歩んでいってもらえればと思います。
今後の人生で壁にぶち当たったらブルーで頑張ってきたことを思い出してください。
そうすれば険しい道も乗り越えられるはずです。
長くなりましたが、本当にブルーにの卒業おめでとう。
いつまでもみんな元気でいてください。みんなの事が大好きです。

島貫より



▲ このページのトップへ