TOP卒業生の軌跡2013年

2013年度 卒業生の軌跡



1  本木 穣二

2  柳沼   陸

3  篠原   遥

4 大野 翔平

5 東本 海旺

6  小林 優斗

7  五十嵐 響

8  近藤 裕太

9  真田 数馬

10 安本 温

11 渡辺  一輝

12 西川 昂悦

14 長山 優

16 川勝 凛太郎

18 邑山 海翔

20 野田 航平

21 近藤 喜也

コーチ 邑山 正人




 本木 穣二

僕が8年間での一番の思い出は区大会での優勝です。
そしてサッカーを熱心に教えてもらいサッカーが好きになりました。
友情がとても大切だと思ったしブルーイーグルスで教わりました。
ブルーイーグルスでは色々な人と出会い色々な経験をさせてもらい、皆とわかちあうことができました。
サッカーを通じて友達もたくさん出来ました。
集団行動では、自分が遅れたらみんなが困るという事も教えてもらいました。
僕は、このブルーイーグルスに本当に感謝しています。
本当にありがとうございました!

▲ このページのトップへ
 柳沼   陸

「心に残った試合」
僕は、ブルーイーグルスでサッカーを始めて沢山の思い出や学んだことがあります。
皆で頑張って、メダルを貰えた試合は、やっぱり最高に嬉しかったです!
僕が一番心に残っている試合は、4年生の時の板橋区のフットサル大会です。理由は、僕が初めてフットサル大会で二点を決めて、しかも初めてMVPに選んでもらったからです。でも、MVPに選んでもらったのは、チームの皆、応援してくれたお父さん、お母さんたちのおかげです。
仲間を大切にし、自信を持ってサッカーを中学でも頑張りたいです。
皆さん、ありがとうございました!

▲ このページのトップへ
 篠原   遥

僕に友達や社会の色々を教えてくれたブルーイーグルスに感謝しています。中学生になってもここでの経験を忘れないでいたいです。
後輩の皆さんも、がんばってください。

▲ このページのトップへ
 大野 翔平

僕は、年長の時にブルーイーグルスに入団しました。この七年間でMVPを四回もらう事が出来ました。その中でも、久米フットサル大会でのMVPは対戦相手がMVPを決める大会での受賞だったので一番嬉しかったです。チームの仲間が取らしてくれたMVPだと思います。ブルーイーグルスで沢山の仲間と一緒にサッカーした事は一生の宝物です。
七年間お父さんお母さんやまー君、ありがとうございました。中学校に行ってもこのブルーで学んだ事を生かし得意なヘディングで決められるように頑張ります。
HEYHEY SHOHEY

▲ このページのトップへ
 東本 海旺

僕は幼稚園からサッカーを始めました。はじめの頃はよくわからなかったので、適当にやっていました。でも、やっているうちに少しずつ理解して、楽しくなっていきました。サッカーをやっていた8年間の中で、一番思い出に残っていることは、まず合宿です。1日中暑いのに、その中を1日中走りまわって、1日でヘトヘトになってしまいました。2日目からも、ヘトヘトのまま走りまわり、地獄のようでした。ですが、やり終えてみると達成感があり、すごく楽しかったと思いました。僕は、4回ほど夏合宿に参加しましたが、4回とも凄く楽しかったです。
これからも精一杯頑張っていきます。

▲ このページのトップへ
 小林 優斗
僕がブルーで学んだことはサッカーと様々な人との関わりです。
僕は年中の時に引っ越してきて、温にすすめられてブルーに入りました。
サッカーはとても楽しくそして友達も得ることが出来ました。
シュートやドリブル、パス、フェイトなどの技術や動き方などの知識も増えました。
人との関わりでは、本来休みである休日なのに朝早くから起きて弁当を作ってくれた
お母さん、試合会場まで送ってくれたりアドバイスをくれたりしてくれたお父さん、あ
りがとうございました。
そして一緒にプレーしてくれたチームメイトの皆、応援し、またサポートしてくれた
他のお母さんお父さん達、ありがとうございました。
中学に行ってもこのブルーでの貴重な6年を活かしてサッカーでもそれ以外の事でも
頑張りたいです。
▲ このページのトップへ
 五十嵐 響

僕は6年半ブルーイーグルスにお世話になりました。この6年間で楽しかった思い出がたくさんありました。
その中でも特に、5年生の夏合宿のフットサル大会で優勝したのを覚えています。
次は2年生の区大会で、今ではいませんがあきらがPKをもらい、温がしっかりと決めてくれたのでアミーゴ戦の決勝に勝ち、優勝することができました。
最後にフットサル大会予選の試合、2−3で負けているところで最後の最後にシュートを打ち、敵のオウンゴールを誘えたのがうれしかったです。その大会ではベスト4で終わってしまいましたが、全国33位という結果が出せて良かったです。
お父さんやお母さん方にも、とても感謝していますが、太郎くん、文くん、一之瀬コーチ、あーちゃんコーチ、将馬コーチ、安本さん、真田さん、まーくん等練習を見てくれた人にも感謝しています。
6年半、本当にありがとうございました。

▲ このページのトップへ
 近藤 裕太

年中の時、しっぽ取りゲームの延長でいつの間にか入部。
サッカーはせず、元気に遊んでいた記憶しかない。
2年生の頃からサッカーが楽しくなってきたけど、3年生の2学期から半年間、天津へ短期留学した。そこでもサッカーに救われたことが多かった。
ブルーでの思い出は沢山あるけど…
夏合宿!!きつかったけど、最終日の水遊びはサイコーに楽しかった。
リフティングテスト、1回目で合格。
指示されたプレーが上手くいくとコーチがほめてくれたこと、東京リーグ、最後まで思いっきり試合ができてBグループ準優勝!
うれしかったな〜
6年の秋サッカーをやめたい…と悩んで苦しかった時、友達が僕を支えてくれたこと!!
マジで感謝している。
下手くそでもサッカーが好きだから、みんなとプレーするのが好きだから、あの時やめないで良かったと思ってる。
僕は中学でクラブチームに入るけど声が大きい所、強い気持ちで相手にぶつかって行ける所を生かしながら、もっと落ち着いてプレーできるように頑張りたいと思っている。
僕の大事な仲間たちありがとう!
マー君!僕にとってサイコーのコーチでした。ブルーイーグルス在籍8年間、本当にお世話になりました。

▲ このページのトップへ
 真田 数馬

僕は4才の時にキッズガーデンに参加し、小学一年生で、ブルーに入団。 そこから1.2年の頃まではサッカーは、やらされている感じでした。
しかし3か、4年の時に夜家の前の公園で少し練習をしたとき、「意外とサッカーは楽しいものだ」そう感じました。
ですが全然サッカーをやりたいと言う気持ちより、他のことの方が勝ってしまい、まだ完全に好きにはなりませんでした。
しかし五年生になると塾に行ったり、リフティングの目標回数に到達しなければ、練習に参加できないなどとにかく練習に参加できない条件が増えてきたため、サッカーの練習がすごくしたくなってきたのを覚えています。
そんなサッカーにも色々なことがありました。
区大会で優勝したり、合宿に行ったり、さっきも話したリフティングがあったり全国3位になったり…
こんなことがついこの前だったような気がしたり、懐かしかったりしたり。
でも6送会でのスライドショーをみると色々なことがこのメンバーではもぅ二度と味わえないと考えると泣きそうになりました。
このような思い出はお父さんやお母さん、ブルーのメンバーやマー君のお陰です。
本当にありがとうございました。
中学になってもサッカーを続け、頑張っていきたいです。

▲ このページのトップへ
 安本 温

「ブルーイーグルスでの思い出」
僕はブルーイーグルスで8年間サッカーを頑張って続けてきました。続けられる事が出来たのは、一緒に楽しくサッカーをやる仲間や、その僕たちを支えてくれた多くの大人がいてくれたからです。
サッカーをやってきたなかで、一番印象に残っていることは、エンジョイ5で全国3位になったことです。その理由は、ピッチにいる選手、ベンチにいる選手みんなが一致団結をし、サッカーを楽しめたからです。僕はエンジョイ5が終わってからあらためてチームの皆がいかに大切かを思いました。
中学では、ブルーイーグルスの皆とは離れて違うチームでサッカーをしますが、ブルーイーグルスで経験し、学んだことを大事にして頑張ります。

▲ このページのトップへ
 渡辺  一輝

「この6年間を振り返って」
最初にコーチの方々、役員の方々、6年間有り難うございました。
そして、お父さん、お母さん6年間有り難うございました。
ブルーに入った当初は、コーチに「ドリブルをしてごらん」と言われても、バスケのドリブルをしていました。このように僕が、ブルーに入ったときはサッカーをまったく知りませんでした。なので、最初は、試合でもパスが回ってきませんでした。それが、悔しくてお父さんと毎回練習のあと残って練習するようになりました。その甲斐あって試合でもパスが回ってくるようになり、シュートを決められるようになりました。
いままで、たくさんのタイトルを取ることが出来ました。1年ジュニアカップ準優勝、2年夏の区大会優勝、冬の区大会3位、3年ジュニアカップ敢闘賞、4年冬の区大会3位、そして、個人的には、5年最後のジュニアカップでMVPを取ることが出来ました。こんなに多くのタイトルを取ることが出来たのは、マー君やコーチの方々のおかげです。
 中学校に行っても、思いっきり振りかぶる豪快なシュートでたくさんゴールを決めます。
いままで、本当に有り難うございました。

▲ このページのトップへ
 西川 昂悦

お世話になりました。ありがとうございました。
中学に行っても頑張ります。
弟や妹がお世話になるかもしれないので、その時はよろしくお願いします。
また練習に顔を出しますので、声をかけてください。

▲ このページのトップへ
 長山 優

「六年の思い出」
ぼくが六年間ブルーイーグルスをやっていて、心に残ったことは、2年生の時区大会で優勝したことです。決勝でアミーゴと戦って勝って優勝して大喜びしたことをおぼえています。それ以上に一番心に残っているのは六年の時のエンジョイ5です。一試合目にハットトリックをして、3対0で勝って、全国3位になれて、さらにコーチからMVPをもらえた事です。そしてその時のたてを六送会で僕がGETできたので、最高に嬉しかったです。
それに、ブルーイーグルスに入って、「親友」と呼べる仲間ができた事も最高に嬉しかったです。
六年間色々とありがとうござました。中学に行ってもスーパードリブラーを目指して頑張ります。

▲ このページのトップへ
 川勝 凛太郎

ぼくは一年の終わりにブルーに入りました。
はいったきっかけは、父さんがサッカーをやっていておもしろそうだと思ったからです。

▲ このページのトップへ
 邑山 海翔

僕は、ブルーに入って8年たちます。
この、8年間で凄く学びました。
僕は、ブルーイーグルスに、とても、とても、お世話になりました。
年中の時は、凄く緊張しました。ユニクロカップにもでました。
一年生になってまーくんがコーチになってくれて皆も入ってきてとても、楽しくサッカーができました。
2年生で区大会で優勝出来て物凄く嬉しかった。優勝出来たのもまーくん、おんパパのお陰だと思ってます。
僕は、3.4年生の頃、ヒールドに出たくってキーパーをやるのが、本当に嫌でブルーを 辞めようかと本気で悩んだ時もありました。
でも、僕は、ブルーが大好きで皆とサッカーするのも楽しくて、もう少し頑張ろうと思いました。
5年生になり、おんパパに高学年なんだからしっかりしろと言われた事が、心に残っています。
中々、試合でも勝つ事ができなくって悔しい思いもいっぱいしたけど6年生になってエンジョイ5で全国3位になれた事、本当に嬉しかったです。
僕は、キャプテンでやってこれたのも皆のお陰です。
キーパーで頑張れたのも皆のお陰です。
この思い出は、一生忘れません。
中学生になってバラバラになってしまうけど、ぼくは、部活でサッカー部にはいって頑張ります。
いつか、又、皆とサッカーがしたいです。
本当に有難うございました。

▲ このページのトップへ
 野田 航平

僕は、ブルーイーグルスに行くようになってたくさん友達を作る事が出来ました。とても楽しかったです。ありがとうございました。

▲ このページのトップへ
 近藤 喜也

僕は6年生の春から膵炎で入院しました。
腕の血管から心臓に薬を入れたり、鼻から胃袋の下の腸にチューブを入れて栄養をとっていました。いっぱい泣いていました。
でも頑張れたのは6年生のはじめにリフティング50回を成功できた時の経験でした。ブルーイーグルスの仲間が励ましてくれたのもうれしかったです。
まだ中学でサッカーをやるか決めていないけど、仲間を大切にしたいです。

▲ このページのトップへ