TOP卒業生の軌跡2016年

2016年度 卒業生の軌跡



1  藤田 玲久

2  八木 光介

3  平尾 樹

4  箕輪 雫輝

5 川端 倖右

6 成田 遥大

7  寺田 俊弥

8  笹崎 那丹

9  庄司 優作

10  長山 翔

11 山口 聖斗

12 向井 心美

13 安齋 翼

14 齋藤 右門

15 石田 裕輝

16 泉 大河

17 山木 海都

18 横尾 翔太

19 曽我 夏希

コーチ 石原 拓人

コーチ 松下 晟那




 藤田 玲久

僕は小学校入学前に保育園で一緒だった長山君に誘われて、ブルーイーグルスに入りました。
コーチが怖いこと以外 よく分からないまま1年が過ぎた頃、練習ではGKなんてやった事がないのに、
急にGKでフィールドに出されました。試合に出れたことが嬉しくて、でも、何をやって良いのかわからなくて、
「どーすればいいですか?」と聞いたら「前出ろ、ここまで出ろ」と言われました。
僕が低学年の頃、ゴールの前から居なくなりがちだったのは この言葉があったからだと思います。
3年生になる頃にはGKをやってるのが楽しくなってきました。
「GKは一番後ろにいてフィールドがよく見えるんだから 声出せ」と散々言われたけど、恥ずかしくて、
自信もなくて なかなか声が出せませんでした。でも、GKで皆と一緒にフィールドに入る中で、
だんだん 動きが分かってきて、声が出せるようになりました。
6年生では チームのゴールを守りたい気持ちが強くなって、GKは楽しいだけのものじゃなくなりました。
GKコーチとしてイロイロ教えてくれたりくコーチの教え方は 分かりやすくてありがたかったです。
「ハートを強く持て」と声をかけに来てくれたタクトコーチや川端さん、手紙をくれたチームメイト、
みんなに感謝しています。ありがとうございました。みんなに支えてもらったことを忘れずに、
中学では 矢崎さんに言われた通り 勉強を頑張ります!


【せなコーチより】
りくは最後の最後に辛い思いをさせてしまってごめん。
りくには何度もチームのピンチを救ってもらった。りくのおかげで取れたタイトルも何個もある。
欲を言えばサッカーを続けて欲しい。それくらい素晴らしいキーパーだった。
そして、たっくんに立ち向かったのは、りく以外知らないしいないと思う。(笑)
それくらい負けず嫌いなら他の競技でもやれる!中学でもがんばれ!


▲ このページのトップへ
 八木 光介

僕は、年長の11月からブルーイーグルスに入りました。ブルーイーグルスに入って学んだことはいっぱいあります。
仲間の大切さや、団結力、努力の大切さなど、たくさんのことを学んびました。特に、印象に残っていることは3つあります。
1つ目は、2年生のジュニアカップです。敵を3人抜いてアシストしたことはすごく印象に残っています。
2つ目は、4年生の団地大会です。いっぱい走って準優勝することができ、MVPも取ることができました。
3つ目は、最後の大会で初めて蹴ったPKです。仲間達がみんなゴールしていたので、自分の番が回って来た時は、すごく緊張しました。
そして、決まった時、みんなが喜んでくれて本当に嬉しかったです。
6年間、ブルーイーグルスでサッカーが出来て、本当に楽しかったです。
これからは、ブルーイーグルスで学んだことをいかして、色々なことに挑戦したいです。
今まで本当にありがとうございました。


【せなコーチより】
八木ちゃんはとても努力家で基礎の技術はチームでもトップクラス!パパの厳しい指導のおかげかな?(笑)
中学では陸上をやると言っていたけど清水坂のラントレをやって来たんだから陸上でもすごい選手になると思う。
競技が変わっても努力する姿勢を崩さずがんばれ!


▲ このページのトップへ
 平尾 樹

僕は年中の時に、ブルーイーグルスに体験に来ていたけど、その時はなぜか入りませんでした。
それから4年後の小4年生の冬に入部しました。僕が入部してから一番印象に残っているのは、最後の区大会です。
高島平SCとの決勝戦でした。PK戦になって、自分の番になってけったら、取られてしまいました。
その試合は負けてしまい、とてもくやしかったです。
中学校では、ブルーイーグルスでの経験を生かして頑張りたいです。
コーチ、役員の方々、お父さん、お母さん、チームの皆、ありがとうございました。


【せなコーチより】
いつきは初めて見た時、絶対うまくなると思った。それはサッカーに対する姿勢が誰よりも良く負けず嫌いだったから。
そしたら期待通り6年の時にはチームを引っ張る選手になってくれた。
けどそれと共におれに対して冷たくなっていったなぁ…寂しかった(笑)
中学でもきっと自分よりレベルが高い選手がいても負けず嫌いを発揮してがんばれ!そしたらレギュラーとれる!期待してるぞ!


▲ このページのトップへ
 箕輪 雫輝

僕は年長でブルーイーグルスに入りました。僕のデビュー戦は小管小での試合です。
僕は張り切ってキーパーになったけど服が違うと泣いて試合に出られなかった。これが僕のデビュー戦でした。
この頃はとても泣き虫でした。そこから7年間で僕は泣かなくなり強くなりました。
僕がブルーイーグルスで一番心に残っているのは最後の冬の区大会での同点ゴールです。
区大会最終日の直前にインフルエンザにかかってしまい出られないかもとなったけど出れたからです。
出れただけでも嬉しかったのにゴールも決められて嬉しかったです。みんなが走って来てくれた姿を僕はずっと忘れません。
この学年は「ブルー史上最弱の学年だ」と言われ続けてきたけど6年になってからは決勝にまで行けるようになりました。
それはたくとコーチやせなコーチや川端さんがいたお陰です。あと色々な人が支えてくれたからです。
これからも僕はリオフットボールクラブでサッカーを続けます。
リオでもたくとコーチやせなコーチに教えてもらったことを忘れずにレギュラーになれるように頑張ります!!!
7年間で辛いこともあったけど嬉しいことや楽しいことたくさんの思い出ができました。
本当にありがとうございました。


【せなコーチより】
しずきはキッズの頃よりとてもたくましくなっていて泣き虫じゃなくなっていて驚いた!(笑) しずきは誰よりも危機察知能力、チャンスを感じる力があり、またオールラウンダーでどこでもできる素晴らしい選手だ。
けどすこし判断が遅い時があるからそこを直せばもっと良い選手になる!中学ではサイドバックにチャレンジしてみては?
サッカーを続けると聞いた時は嬉しかった!頑張れ!しずならできる!


▲ このページのトップへ
 川端 倖右

ぼくは保育園に通っていたころにブルーイーグルスに入団しました。
保育園に通っていたころはまだサッカーをせず砂いじりなどをしていてよくコーチに怒られていました。
そして、1年生のときにリフティング(ワンバウンド)が30回できてキャプテンに任命されました。
しかし、自分がキャプテンになったせいか1年・2年などの試合では負けまくっていました。
それでもあきらめずにがんばりました。サッカーをつらいなと思う時期もありました。
それでもつらい中、3年・4年とがんばったので、5年になってから勝つ回数が増えてきたので、
今までがんばった分は無だじゃなかったんだなと感じました。そして、最後の1年がついにやって来ました。
6送会でユニフォームをもらった時にコーチが言った、「その番号に合わないプレーをしたら、
誰かその番号がほしいヤツと番号を入れ替える」というのが心に残っています。
そして、ブルーでいろいろな体験をさせてもらえました。
1年キャプテン、4年MVP、6年合宿での班長、最後の試合での最後のゴールなどです。
もちろんこれ以外にも思い出はたくさんあります。こんなブルーでの楽しい生活をふり返ってみて、
(まだここでサッカーをしたいな)と思う気持ちが強かったので、自分はサッカーのコーチになり、
またブルーに戻ってきたいと思っています。当たり前ですが、自分はサッカーを続けます。
サッカーを続けてもっとうまくなり、自信を持ち、堂々とコーチとしてブルーに戻ってきたいと思っています。
最初は泣き虫でサッカーがきらいだった自分を、サッカーが好きで自分の気持ちを強く持てる自分に変えてくれた
ブルーイーグルスに感謝しています。
「流した汗は涙より美しい」
これを7年間かけてじっくり教えていただいたのに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
なので自分はブルーイーグルスで学んだことを生かし、中学や高校でのサッカー人生をまた1歩ずつ作っていこうと思います。
たくとコーチ、せなコーチ、役員の皆さん、お父さん・お母さんたち、7年間本当にありがとうございました!


【せなコーチより】
こうすけは親父が学年担当で苦労したところはたくさんあると思う。
けどこうすけは小さい頃から練習をたくさんしてきたってことがわかるくらい足元の技術はとても高く、
なかでもボールを止める技術はチームの中で1番! けどそのあとの判断が少し遅いかな。(笑)
立派な選手になってブルーのコーチとして戻ってくるのを待ってます!


▲ このページのトップへ
 成田 遥大

ぼくがブルーイーグルスに入ったきっかけは、兄がブルーイーグルスに入っていて、やってみようかなと思ったからです。 年中の頃入りました。最初はあまりサッカーが好きじゃなかったけど、やっていくうちに好きになりました。 一番心に残っている試合は最後の区大会です。決勝で高島平と戦いました。 1-1の同点でPKになり、ぼくの蹴った球はキーパーに止められてしまいました。 すごく悔しかったけれど、メダルを取れたことは本当に嬉しかったです。 コーチ、お父さん、お母さん、役員のみなさん、ブルーの仲間のおかげで7年間楽しくサッカーができました。 7年間、本当にありがとうございました。これからもサッカーがんばります。

【せなコーチより】
はるとは小さい時から弟のように可愛がっていたのになぜかとても冷たくなっていて悲しかった…(笑)
はるとは自分自身のサッカーのリズムがあるから他と比べて合わせる必要はない。
自分のスタイルを見つけて伸ばしていけば必ずいい選手になる!足元と走力でチームに貢献してくれたな!
自分の武器で中学でもがんばれ!


▲ このページのトップへ
 寺田 俊弥

僕はBLUE EAGLESに入部したのは3年生の時でした。 心に残っている試合は、数え切れない位にありますが、やはり一番忘れられない試合は、トップチームとして挑んだ、
最後の冬の区大会です。 決勝戦...最後の最後まで、頑張ったけどPK戦で負けてしまいました。
とても悔しい結果でしたが、僕はサッカー(BLUE EAGLES)で、努力する大切さ・家族達やコーチ達の大切さなど、多くの事を学びました。
失敗した時には、みんなで励まし合い・成功した時には、みんなで喜び、仲間達の大切さを感じました。
努力の面では、リフティングが...なかなか出来なかったけど、毎日のように練習して出来るようになり、
5年生の頃には左足も沢山練習して、自信の持てる様なパスなどが出来ました。
タクトコーチ・セナコーチ・僕に係わってくれたコーチ達からの、沢山のアドバイスは自分の宝です。
ミスしてしまった時には詳しく『あーやった方が良いよ』などアドバイスを沢山もらいました。
区大会などで準優勝まで獲得できる強さにしてくれました。 サッカーを通して、色々な事を学びました。
コーチ・仲間・チーム関係者の方々・お父さんやお母さん達、本当に感謝しています。
中学では、リオFCで頑張ります! リオFCでも感謝の気持ちは忘れずに、自分らしいプレーでサッカーします。
BLUE EAGLESでの4年間とても幸せでした。
また39期メンバーとサッカー出来る日を楽しみにしてます! 本当にありがとうございました!


【せなコーチより】
しゅんやは技術、メンタル面、またオフザボールの時の動きはトップクラス!
だけど少しムラっ気があるからもっと集中して試合に臨めるようにしよう!
しゅんやが楽しそうにサッカーやってるのを見るとこっちも楽しくなったよ!(笑)
リオですぐレギュラーになるように常に考えながら練習しような!がんばれ期待してるぞ!


▲ このページのトップへ
 笹崎 那丹

『メンタル』、、、、気づいたらいつもこの言葉に支えられてきた。脅されてたと言った方がいいかもしれない。
拓人コーチの言葉だ。
お父さんに、「メンタルって何?」と聞くと、「気持ちのことだよ、サッカーも何事も気持ちが強いことが一番なんだ、
勝つことより負けないことが大事だよ」と教えてくれた。 サッカーを始めていろいろな事を経験した。
試合に勝つ喜びや負ける悔しさ、強豪チームと立ち向かう緊張感。仲間の温かさや周りの人への感謝、、、
今思えば僕の生活はサッカーを中心に回っていた。 大きなケガのあと、なかなか体が動かなくて泣いた事もある。
暑い日も寒い日も雨の日も朝早い時も遊びたい時もたくさんあったけど、その度にコーチの「メンタル!」に支えられた。
いや脅されたのだ。でも決まって言えることは、その後の負けなかった自分に自信が付いたことと、後悔しなかったことだ。
そして、その時にもう1つ解ったことがある。 乗り越えた時、苦しい時には感じなかった周りの人への感謝の気持ちだ。
自分だけで乗り越えられる事などひとつもなかったのだ。その時その時で人や状況は、違っても誰かに支えれてきた。
その感情は自分を大きく成長させてくれた。僕の人生の大半を占めたブルー。今は本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。
この強さをバネに次のステップに進んでいこう思う。「メンタル!」これは、これからの僕の人生の支えである。
本当に本当に長い間ありがとうございました。


【せなコーチより】
なたんはこれぞタクトコーチの教え子って言うくらいトリッキーでみんなが驚くプレイをしてくれる選手で見てて面白かったよ!
すこしおれに似たかな?こんなこというとなたんパパに怒られるからやめとこう。(笑)
受験との両立大変だったと思うけどよく頑張ったな。
きっとなたんは中学でもみんなが驚くプレイをして型にハマらない選手を目指してくれ!


▲ このページのトップへ
 庄司 優作

僕がブルーイーグルスに入ってから学んだことは感謝の気持ちです。
自分は2年生の時にブルーイーグルスに入りました。
最初は、なかなかボールを扱えず、試合に出てもすぐにボールを取られてしまっていたけど、
ここまでドリブルやパスなどの基礎が上手くなったのは、コーチのおかげです。
ブルーの生活の中で1番心に残っているのは、6年の冬の区大会です。決勝まで行ったのにPK戦で負けてしまいました。
けれど今までなかなか互角に戦えなかった高島平にもとても良い試合をすることが出来ました。
いい試合が出来たのもいろんな人の応援やチームメイトがいたからです。
優勝は出来なくても一所懸命に仲間と戦ったことに意味があると思います。
今までいろんな大会でいい記録が残せたのも試合の時に支えてくださったコーチや監督、6年生のお父さんお母さんの協力や
応援があったからです。ブルーイーグルスでサッカーが出来てとても楽しかったです。本当にありがとうございました。


【せなコーチより】
優作は身体能力、技術、メンタル面などあらゆる場面でチームを引っ張って言ってくれたな。
ほんとに何度も助けられたよありがとう!優作はきっとTFAで早い段階でレギュラーを、取れると思う。
けどそれに甘えて天狗になって練習を怠るとすぐに周りに追い越される。練習にでても常に考えながら努力してくれ。
これができたら優作はきっとすごい選手になれる。期待してるよ!がんばれ!


▲ このページのトップへ
 長山 翔

ありがとう。
僕が ブルーイーグルスに入ったのは年中の時でした。3つ上の兄がブルーイーグルスに入っていて、
いつも父と一緒について行ったのがきっかけでした。
ブルーイーグルスでの8年間で、『 何事も努力する事、諦めない事、相手を思いやる気持ち、優しさ、メンタルの強さ、
人に対する感謝の気持ち、そして最高の仲間達、』僕はかけがえのないものを沢山得ることが出来ました。
またコーチから教えてもらった幾つもの個人技は、特別に足が速い訳でも目立つプレーヤーでもなかった僕に自信を与えてくれました。
中学校では、グラマードNFCというクラブチームで活動しています。皆一人一人のレベルが高くてとても大変です。
でも僕もブルーイーグルスで10番を背負ってやってきた自覚を持ち、個人技は誰にも負けない位の気持ちで必死に頑張っています。
これからも今までと変わらず、今まで以上に努力して頑張って行きたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。
最後に、ブルーイーグルスに感謝の気持ちを込めて、ありがとう。


【せなコーチより】
翔はいっぱい練習して悩んで苦労した7年だったね。
けど最後にはプレーでチームを引っ張る10番になってくれたね!
翔ならどんな課題も乗り越えられるから努力を怠らず頑張れ。どうしても悩んだら相談がてら遊びにおいで!
クラブチームでもこれがブルーだ!っていうところを見せ付けてやれ!ママに気合で負けないように頑張れ!(笑)
期待してるぞ!


▲ このページのトップへ
 山口 聖斗

僕は4年生の秋にブルーイーグルスに入りました。
体験を2回して、ふんい気が良くて楽しそうだったのと、試合や大会が多いと聞いたからです。
前のチームではサイドバックだったポジションがフォワードに変わりました。
フォワードはゴールを求められているのに、なかなか決められないことがありました。
でも自分の長所である思い切りの良さをいかし、ゴールまで運ぶドリブル練習をすることで、
だんだんゴールを決められるようになりました。
拓人コーチから足元のプレーやドリブルをたくさん教えてもらって、コーンを使った練習をくりかえしたからだと思います。
皆と学び遊び、チーム一丸となって大会に出たりしてとても充実したブルーの活動でした。
ブルーのチーム関係者の皆さん、2年間お世話になりました、ありがとうございました。


【せなコーチより】
まさとはチームのストライカーとしてたくさん活躍したな!
まさとの得点力は素晴らしい…がすこし身体能力に頼りすぎてるところがあるからボールを止める技術、
オフザボールの動きを磨いていくともっと相手の脅威になる。
おれがFWだったからたまに、厳しくなってごめんな。(笑) クラブチームでも頑張れ!


▲ このページのトップへ
 向井 心美

私はキッズの頃から7年間、ブルーイーグルスにお世話になりました。
入るきっかけは、走るのが大好きで足もそこそこ速かった頃に川端さんに、ブルーイーグルスを紹介してもらったからです。
最初は、他のメンバーと砂遊びしてたくとコーチに怒られていたことが多かったです。
そこから、成長出来たのも毎日洗濯物やご飯など作ってくれた家族、審判や試合会場の設営をしてくださった役員の皆さん、
そしていつも指導してくださったたくとコーチとせなコーチがいたからこそこの7年間私は、楽しくサッカーが出来たんだと思います。
本当にありがとうございました。これからも、ブルーイーグルスで学んできたことを生かして次に向って進んでいきたいと思います。


【せなコーチより】
ここみはフィジカルとドリブルでチームに貢献してくれたね!
けどすこし視野をもっと広く持てばもっといい選手になる!
ケガに悩まされたときもあったけどここみのポジティブなメンタルで乗り越えて頑張ったな!
中学はとてもレギュラー争いが激しくとても高いレベルでのサッカー生活になると思う。
けどそこでも負けず嫌いを発揮してレギュラーを掴みとってくれ!選手権でたら見にいくからねがんばれ!


▲ このページのトップへ
 安齋 翼

僕は幼稚園年長の時に初めてブルーの試合に参加させてもらい、とても楽しくてもっとサッカーやりたいと思い入団しました。
楽しいことばかりではなくてきつかったり、できなかったりして練習に行きたくないときもありましたが、
ブルーではいろいろな経験や体験ができました。
それはブルーの役員の方やコーチ、お父さん、お母さんたちのおかげだと思います。感謝しています。ありがとうございました。


【セナコーチより】
つばさはディフェンスが武器だったね!宮本公園で自主練してるつばさを何度も見かけて影で努力してたのは知ってる。
みんなには見せないけど本当は、根っこからの負けず嫌いなのも知ってるよ!
だからこそもっと練習や試合で自信をもってプレーすればもっといい選手になる。中学でレギュラー取れるようにがんばれ!


▲ このページのトップへ
 齋藤 右門

僕がブルーに入ってから今までの間で一番思い出に残っているのは、5年生の時の夏合宿です。
たくとコーチにむらパパから貰ったかき氷をぶっかける、ということをしたことによって、「MVP候補」だったはず(?)なのに、
しずきに持っていかれたので、悔しさのあまり今でもよく覚えています!まぁやれと言われてやった僕が悪いのですが…
その他にもたくさんの思い出があります。
例えば、リフティングを百回やれと言われた時や、試合から脱走した時、初めてタイトルをとった時、キレッキレ賞をとった時、
団地大会の時のゴールラッシュをした時など、色々な思い出・・・どれも大切な思い出です!
今まで頑張ってきた事、叱られてきたこと、嬉しかったり悲しかった事、この経験を活かして、中学サッカーも頑張っていきます!!!
ブルーイーグルスのみんな、たくとコーチ、せなコーチ、川端監督、お父さんお母さん方、関係者の皆様、
今までの5年半、たくさんお世話になりました!
「ブルーイーグルス、ありがとう(?>∀

【せなコーチより】
うもんは技術は高い、オフザボールの時はいつもいい位置でボールを呼び込んでるがあと一歩踏み出す勇気が足りなかった!
そこが出来ればきっと結果を残せるいいFWになれる。サッカーを続けることを決めてくれた時は本当に嬉しかった!
新しいギャグが出来たら報告に来るように!(笑) 中学での活躍期待してるぞ!


▲ このページのトップへ
 石田 裕輝

僕は1年生で入団し6年生までの6年間ブルーにいました。
僕が一番心に残っているのは4年生の時のフットサルの大会です。
その大会ではABの2チームだしで、Aチームがどんどん得点し勝っていくのに対し、
僕のいるBチームは1点すらなかなかとれなかった苦しい大会で、ようやくの初得点を僕がゴールし、
初めてMVPがもらえるのではないかと思う試合でした。
残念ながら、MVPはピンチの時にファインセーブをしたキーパーの子になってしまいましたが、忘れられない思い出になりました。
ゴールの中では5年の夏の区大会のゴールがタイミングも良くコースもきれいに決まったので一番印象に残っています。
6年の時には受験もあり、練習も試合もほとんど参加できなくなってしまいましたが、
川端監督、拓人コーチ、6年間お世話になりました。ありがとうございます。


【せなコーチより】
ひろきはチームで1番コーチたちの言ったことを理解して考えてプレーできる選手だ。
これはサッカーだけでなく他のことにも通じるとても大切な事。考えてプレーすることをこの先もやっていけばもっといい選手になる。
そしてもっと自分をアピールしていこう。これからも勉強とサッカー両方頑張れる選手になってくれ!


▲ このページのトップへ
 泉 大河

ぼくはこの五年間サッカーをやっていろんな事を学びました。
入部したのは、一年生の十一月でした。最初はサッカーを本気でやっていなかったので、いつもベンチに座ってましたが
「これではいけない」と思って毎日家で練習していました。
三年生のときの思い出は、夏の合宿で試合に出たときゴールにボールが、入った時です。
四年生の思い出は、清水坂公園での走る練習です。何度かくじけそうになったけどチームメイトの応援で最後までがんばれました。
五年生は、塾と両立して大変でしたが、できるだけ頑張りました。
六年生の時は、受験勉強で、お休みしましたが、二月から練習に戻る事が出来ました。
この五年間サッカーを教えてくれてありがとうございました。この経験を中学で生かしたいです。


【せなコーチより】
たいがはタクトコーチから出された課題をしっかりやってきてくれる努力家だ!
基礎練も誰よりも完璧に胸に返せる技術は素晴らしい。最後の1年は受験もあって大変だったね。
でも中学では基礎の技術、持久力を生かしてがんばれ!たいがならできる!


▲ このページのトップへ
 山木 海都

今まで六年間、ありがとうございました。僕は受験勉強で、五・六年はあまり参加できませんでした。
でも、練習試合などには試合に出させてもらえ、ちゃんと当たりに行った時はほめてもらえ、
以前と同じように接することができました。最後の高島平杯は、みんなで参加できて楽しかったです。
今まで六年間、たくとコーチ、かわばたさん、役員の皆さん、そしてチームのみんな、本当にありがとうございました。


【せなコーチより】
かいとは止める技術、ダイレクトのプレーが良く、特に状況判断にがとても良かった。
けどすこしボールを持つと焦ってしまうからボールを持ちながら周りを見ることが出来ればもっといい選手になる。
あとたいがの世話は1人じゃきついからたまに付き添いで来てくれ(笑) 中学でレギュラー取れること期待してるぞ!


▲ このページのトップへ
 横尾 翔太

ぼくがブルーに入ったのは年中のとき友達に誘われて入ったのがきっかけでした。
僕がブルーで学んだことは、仲間の大切さと、努力するということです。
僕がセーブするたびにみんながナイスキーといって声をかけてくれたりしてくれました。
僕がサッカーを続けてこれたのは、お父さんお母さん方、拓人コーチせなコーチのおかげですありがとございました。


【せなコーチより】
しょうたはフィールドもキーパーでもチームに貢献できる俺たちコーチにとっては良い意味でとても助かる選手だった。
これは誰でもできるわけじゃなくすごい才能だと思う。
中学でサッカーをやらないと聞いた時とても残念だったけどしょうたなら他の競技でも頑張れる。
サッカーやりたくなったら遊びにおいで!がんばれ!


▲ このページのトップへ
 曽我 夏希

私は、2年生の途中からブルーイーグルスに入りました。
約4年間で、たくさんのことを学びました。サッカーをやって、一番気持ちよかったことは、やっぱり点を決めたときです。
その中でも、板橋女子トレセンで高島平相手に、サイドを一人でかけあがり点を決めたときの達成感は忘れられません。
あと、一番練習したのは、リフティングです。5年生の時まで、自主練をさぼり続けて、最高記録が25回くらいでした。
コーチが、「リフティング300回できないやつはベンチに入れない!」といったとき、私は、もうダメかなと思い、実は、
もうやめちゃおうか、と本気で悩みました。けれど、思い直して本気で練習して、2か月後には、300回できるようになりました!
努力は必ず報われるということがわかりました。このことを、中学校でも生かしていけたらと思います。
コーチ、監督、支えてくれた人に改めて感謝します。
約4年間本当にありがとうございました。


【せなコーチより】
なつきはパスを出した後の動き、オフザボールの時しっかりと次のプレーを考えたポジションを取れる選手だった。
女の子なのに男たちと同じ厳しい言葉で責めてしまう事もあった。
馬鹿なコーチ達でごめんな(笑)中学では他の競技に、挑戦するときいたがブルーで学んだことを生かしてがんばれ!


▲ このページのトップへ