TOP卒業生の軌跡2017年

2017年度 卒業生の軌跡



1  小林 虎ノ介

2  菊地 啓太

3  清水 幸生

4 林 零

5 石井 遼介

6  竹岡 仁

7  矢島 庵

8  伊藤 蒼

9  佐藤 佑哉

10 竹原 悠生

11 縣 一志

13 吉田アンディ星海

14 大坂 優羽

15 畠山 隆希

16 伊福 呼人

17 関 太志

18 宍戸 洋樹

19 佐藤 太河

コーチ 一之瀬 晴久

コーチ 首藤 太一

アシスタントコーチ 吉岡 大慶




 小林 虎ノ介

ブルーイーグルスの思い出
僕はブルーイーグルスで8年間お世話になりました。
僕のブルーイーグルスでの思い出は、2つあります。
1つ目は4年生の区大会です。
九曜に先制点を取れて後半までリードしてたけど、残り数分で逆転されてそのまま負けてしまい悔しかったです。
でも銀メダルを取れたことは嬉しかったです。
2つ目は、養和カップです。
相手は強いチームしかいなかったけど、その中でギリギリの勝負がいっぱいあり、最終的に3位を取れました。
それが僕のブルーイーグルスの思い出です。
ブルーイーグルスでいっぱい思い出が出来たのはブルーイーグルスのみんなのおかげです。
この8年間ありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
キーパーとして三年間頑張ってくれてありがとう。
虎は、1対1に強くよく相手のチャンスをよく止めてくれてチームを助けてくれました。
6年になるとハイボールのシュートに結構、悩ませられたと思います。
それは中学生になれば身長が伸びてくると思うので解決するので気にしなくていいと思います。
中学生ではクラブチームでサッカーをするという事なのでアドバイスを送ります。
キーパーのポジションはフィールド選手のなかで1つしかないので競争が激しいと思います。
常に真剣に練習、準備をしていつでも出場できるようにして下さい。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 菊地 啓太

ぼくは2年の夏にブルーイーグルスに入りました。
足が速いわけでもないし身長も小さいのでこれといった武器はなかったと思います。
でも四年生のときに一つ上の代のDFをみて、こうすればボールがとれるというのがわかるようになり、
技術と気合いで何度もとれるようになりました。
でも、五年生のジュニアカップでBチームになってしまいました。
とてもくやしかったです。そのくやしさをバネにたくさん努力しました。
努力したおかげでたくさん試合にでれました。努力は裏切らないということを初めて知りました。
六年生のときは大会や試合がとても多くなりました。
その中の思い出としてはリハウスリーグのアミーゴ戦で逆転勝ちしたことと、板橋リーグ優勝ということです。
チームが一丸となって戦いました。やっぱり勝つ試合は楽しかったです。
一之瀬コーチ、吉岡コーチ、役員の皆さん、保護者の方々、いつも支えてくださり、ありがとうございました。
そして、チームのみんな一緒にサッカーをしてくれて、ありがとう!
中学では文武両道していき、何事もがんばります!
今までありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
啓太は、1対1の守備がうまくよくチームを助けてくれました。
啓太は、よくサッカーの事を研究していてチームの中でも一番、分かっているなといつも感心していました。
啓太は、中学ではクラブチームでサッカーをするとい事なのでアドバイス送ります。
クラブチームは実力がすべてです。
しかし諦めずに努力していれば、試合に出れると思いますので頑張ってください。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 清水 幸生

キッズのころ、サッカーをやった事がなかった僕にまるちゃんコーチはやさしく教えてくれた。
その時のサッカーは、すごく楽しかった。
でも、1〜2年になってだんだん練習が厳しくなってきて、いやになってきていた。
3年になって一之瀬コーチになってからも、始めのころは、イヤイヤ練習に行っていた。
でも、4年の夏、リフティングの課題が出た事がきっかけで自分自身が変わってきた。
みんなが次々と合格していって、置いていかれるのがくやしかった僕は、一生懸命練習した。
一之瀬コーチは、僕が居残り練習している時も、ずっと一緒にいてくれて、応援してくれていた。
僕が合格した時は、コーチも仲間もすごくよろこんでくれて本当にうれしかった。
この時から練習もサッカーも好きになっていた。
何度もやめたいと思ったけれど6年まで続けてきた。
やめなかったのは、ブルーのみんなやコーチが応援してくれたからだと思う。
ブルーでたくさん教わった事をこれからに活かしていきたい。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
幸生との思い出は4年の当初の夏休み終わりまでにリフティング100回です。
本当にできなくて夏休み終わってもできない状況でした。
しかし幸生も努力をして100回を達成できた時はコーチも凄く嬉しかったです。
幸生は、サッカーセンスも高いとコーチは、思っていますので中学校でサッカーを続けて活躍して下さい。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 林 零

「ブルーで過ごした8年間」
 僕は年中のときにブルーイーグルスに入団しました。
同じ年代の人が当時は一人しかいなくて二人で一個上の学年の練習に混ぜてもらいながら毎週ブルーに通いました。
キッズにかると僕がさそっていた保育園の友だちやいろいろな人が入団してくれて、だんだんチームができてきて
保育園に行く前公園で練習したり保育園が終わったあともコーンをおいてドリブルを何十本もしたり、
リフティング100回やらないと帰れないとか目標をたててお父さんといっしょに練習していました。
学年が上がるにつれて試合がふえていきました。小さい時は試合に勝つのがほとんどでしたが、
五年、六年になると試合に全然勝てなくなりました。六年生になると大会も増えてきましたが、
僕は受験を決めて毎日勉強してばかりで練習に全然いけなくなりました。
けれど僕はそこでたくさんの人に支えられました。お母さんは僕に声をかけてくれて、
コーチともいろいろなことを話しました。そして、僕は全然こうけんしてませんが仲間のおかげで、
板橋区リーグを優勝することができました。そして、今僕は青森山田中にいます。そして、
絶対プロになります。このような決断ができたのもブルーみんな、コーチ、僕のサッカー人生
に関わってきてくれたすべての人のおかげです。ブルーのみんなは絶対に忘れません。
そして、お父さん、お母さん、本当にありがとう。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
零は、技術はすごくいいものを持っていると思いますので中学でもそれを生かしてください。
例の課題はフィジカルコンタクトとメンタル面に課題があります。
それは、青森山田でイヤというほど分かると思いますので、頑張って克服して下さい。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 石井 遼介

一之瀬コーチへ(ブルーでの思い出)
 一之瀬コーチは途中から首藤コーチと代わって私達を教えてくれました。
最初は弱く試合に負けてばっかりの私達を区大会で準優勝できるまでの強さにしてくれました。
私は当初CB(センターバック)を任されていました。
5年生までCBだったのですが、受験勉強のため長期の休みをとりました。
長期の休みが終わり私は試合に出ることができないと思っていました。
しかし、私をフォワードとして使ってくれました。
 「一之瀬コーチがたまに教えてくれる。」と一学年したの弟から聞きました。
今の6年生はなかなか試合に勝てません。試合のほうこくも負けてばかり聞きます。
どうか今の6年生を強くして試合に勝てるようにしてください。よろしくお願いします。
どうかお元気でいてください。
敬具


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
4年、5年の時は主力選手として活躍してくれました。
フィジカルコンタクトに強くよく守備で活躍してくれました。
遼介は、最後6年生の時に受験をするためほとんど来ることができなかったけど
ブルーを続けてくれたことが、コーチは嬉しかったです。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 竹岡 仁

 ぼくは六年と少しだけブルーにいました。
最初のころは、サッカーにあまり興味がなく、試合に出させてもらってもみているだけでした。
でも、初めて点を取った時、サッカーに対する考え方が変わりました。学年があがるごとに、
トラップやパスの技術も少しずつついてきて、三年のころにはキャプテンもさせてもらい、
良い経験をしたと思います。
 特に印象に残っているのは、四年のフットサル大会です。青と白の2チームに分かれて
フットサルをしました。準決勝の高島平戦、途中まで一対三で負けていました。庵が一点
決めてくれ、二対三。そのあと、連続で二点僕が決め、逆転勝利しました。決勝は負けて
準優勝だったけど、準決勝の最後の一点は仲間のパスからもらったボールでした。みんなの
勝ちたい気持ちが一つになった気がしました。
 辛いとか、辞めたいとか、面倒くさいと思ったこともあったけど、最高のブルーの仲間に
出会えたし、サッカーを続けてて本当に良かったと思います。
 今まで、引率や審判をしてくれた方々、コーチ、本当にありがとうございました!


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
仁は、凄くまじめでサッカーに取り組む姿勢はこの学年の中で1番だと思います。
この姿勢を中学校でも崩さず頑張ってください。
仁は、最後6年生の時に受験をするためほとんど来ることができなかったけど
ブルーを続けてくれたことが、コーチは嬉しかったです。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 矢島 庵

僕は7年間、ブルーイーグルスでサッカーをしてきました。保育園の時に友達に誘われ、
最初は遊び気分で何もわからず、今思うと適当にやっていました。でも、やっていくうちに
段々とルールがわかり、ドリブルやパスが出来るようになり、サッカーが好きになりました。
練習や試合、合宿などブルーでの思い出はたくさんありますが、この7年間で一番心に残って
いることはアミーゴとの戦いです。1回戦でアスカにボロ負けをして、みんながやる気を
失った時にコーチに「本気を出せ!」と言われアミーゴ戦に向かいました。先制をされました
が後半になって逆転し勝ちました。その時サッカーをやってきてよかったと思いました。
ブルーでサッカーが出来て、こんなに楽しい仲間と出会えて本当によかったです。
今までありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
庵は、サッカーに真剣に取り組めば、まだまだ伸びる選手だと思いますので、クラブチームで頑張ってください。
期待しています。(勉強もね)
またブルーで学んだことを忘れずにサッカーを続けてください 応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 伊藤 蒼

ぼくは4年生の途中からブルーイーグルスに入りました。
ブルーイーグルスでは練習がきついときもあってけど努力の大切さやサッカーの楽しさを
学ぶことができました。入ってすぐのジュニアカップや冬の大会でメダルをとれたことが
一番うれしかったです。いい仲間にも出会えてブルーに入って本当によかったなと思っています。
中学校でもサッカーを続けるのでブルーで学んだことを活かしてこれからもがんばりたいです。
最後に3年間近くサッカーを教えてくれた一之瀬コーチ、ありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
厳しい練習によくついてきてくれてありがとう。
蒼は、いつも自信がなさそうにプレーしているので自分の力を出し切れていない印象があります。
蒼は、自信を持ってプレーすれば必ず中学のクラブチームで活躍できると思いますので、
がむしゃらにがんばってください。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 佐藤 佑哉

ぼくは、ブルーに7年間お世話になりました。
その間、一番心に残っている試合は4年生の時の冬の区大会です。決勝まで勝ち上がり
九曜と戦い惜しくも負けてしまった試合ではあるが、皆で一つになり全力で戦えた事が
とても印象に残っています。そして、最後の板橋リーグで優勝をする事ができたのも
コーチや大切な仲間とサポートしてくれるお父さんお母さんのお蔭だと思っています。
本当にありがとうございました。
これからぼくは、次のステージにいき、サッカーを続けますが根性でがんばります。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間よくついてきてくれました、また最後の年はキャプテンとして頑張ってくれてありがとう。
これからもクラブチームでサッカーを続けるという事なのでアドバイスを送ります。
どんな時でも迷ったり悩んだりした時は基本に戻る事!
またブルーで学んだことを忘れずにサッカーを続けてください 応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 竹原 悠生

僕は、年長の時ブルーにはいりました。最初は、サッカーが嫌いだったけどブルーで
サッカーを続けサッカーの楽しいところ辛いところいろいろ分かってサッカーという
スポーツが大好きになりました。そして3年の区大会みんなが一生懸命に頑張り3位入賞
という結果をよこせました。またそれからもタイトルを取り最後は、区リーグ優勝
とても嬉しいかったです。僕は、ブルーの仲間と一緒にサッカーができてとても嬉しく
また離れてサッカーをするのは少し寂しいけど僕は新しいチームで一生懸命に努力を
して自分の夢に向かって頑張ります。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
6年生の時に副キャプテンとしてチームをまとめてくれてありがとう。
悠生は、体が小さいけどガッツがあり守備や攻撃で、チームを助けてくれました。
ありがとう!
中学生ではクラブチームでサッカーをするという事なのでアドバイスを送ります。
体は、中学生になれば大きくなると思うので小学生のときにはできなかった事ができるようになると
思うのでサッカーの基本技術を怠ることがあるので基本技術をしっかりと練習をして下さい。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 縣 一志

 僕はテレビでサッカーを見てやってみたいと思い一年生の頃にブルーイーグルスに
入団しました。
入団してすぐの頃は、なかなか周りの子たちについていけずもう行きたくないと思う
ことがありました。それでもキッズでぼく達に指導してくれていた一之瀬コーチや
丸ちゃんコーチが、僕のボールタッチがうまくいったときにほめてくれたときは
うれしくてブルーへ通っていました。
 5年生の夏、股関節炎になったときしばらく練習へ行くことができませんでした。
そんな僕にコーチは「足はどう」と心配してくれたり友達が「大丈夫?」「早く
いっしょにサッカーしようぜ」とはげましてくれました。その時、僕はたくさんの
人たちに支えられていると感じました。
 6年生になると、受験のためにブルーにあまり行けませんでした。久しぶりに
練習へ行き、試合に勝ったと聞くと自分のことにようにうれしくなりました。
 そして、ブルーイーグルス最後の試合では失敗したときはみんなで励まし合い、
成功したときはみんなで喜びました。
 一度はサッカーがきらいになった自分もいましたがサッカーが好きで自信をもてる
ような自分にしてくれたブルーイーグルスには感謝しています。
 ブルーイーグルスで学んだことをいかしてこれからも一歩ずつ歩んでいきます。
コーチの皆さん、監督、お父さん、お母さん方、関係者の皆様今までの6年間
お世話になりました。
ブルーイーグルス、今までありがとう!!


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
一志は、技術とイマジネーションはいいものを持っていると思います。
しかしフィジカルでの体の戦いでよく負けているところが多くこれが中学での一志の課題だと
思いますので修正してください。
一志が行く中学校はサッカー部もしっかり活動していて成長できる環境なので頑張ってください。
期待しております。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 吉田アンディ星海

ブルーはボランティアチームなのに意外と強くていろんな事がありました。
中学校でもサッカーをがんばってします。ブルーの時に教えてくれた事を活かしたい
と思います。ありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
アンディーの印象は、身体能力が高いなと強く印象を持ちました。
しかしアンディーは、自分の身体能力をうまくブルーで生かせていませんでした。
中学のクラブチームでは、身体能力をうまく生かしてサッカーを出来るように頑張ってください。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 大坂 優羽

ぼくはこのブルーに入ってから約3年間サッカーをここでプレーしてきました。
思い出はたくさんありますが、その中で一番の思い出に残っていることは、4年生
の冬の区大会決勝戦です。これはぼくにとって初の決勝でした。
ぼくは試合に出させてもらいました。ぜんぜんいいプレーを残せなかったのでこの
ときはすごく頑張りました。チャンスはあまり多くなかったけど、何回かはありました。
結果は準優勝でしたが、いい経験をしました。これが一番の思い出になれました。
もう一つの思い出は、6年生の合宿です。つまり最後の合宿でした。
班長になり、こうせいと同じ班になりました。
班と部屋はとても楽しかったです。
でもこの合宿の練習はとてもつらかったです。
なぜならとにかく走って筋肉痛になったのにまた筋肉痛になるようなメニューだったからです。
でもこのおかげで体力がつきました。
ぼくは中学で陸上をしますが、3年間の経験をいかして頑張ります。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
厳しい練習によくついてきてくれてありがとう。
優羽は、体の大きいのですが、体の線が小さい事で1対1が負けてしまうところがありました。
少しはブルーで直ってきたと思います。
中学校ではサッカーを続けないとのことを言ってましたが、コーチとしては、サッカーをやってほしいです。
サッカーをやる、やらないとしても自分が好きなこと中学3年間、部活はやり続けてください。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 畠山 隆希

 僕が一番ブルーでのサッカー生活でうれしかったのは、低学年の時の合宿で取った
MVPです。練習でがんばって取ったMVPはとてもうれしかったことを覚えています。
高学年になって行くにつれて、みんなうまくなり、試合に全然出られなくなりました。
しかも、受験もすることになったので、練習にも出られなくなり、どんどんみんなとの差が広がりました。
受験が終わったら、みんなと差がいっぱい広がっているんだから、もうやめようと思いました。
 でも、受験が終わった後、久しぶりの練習に行くと、ブルーでやるサッカーは、
やっぱり楽しいと思い卒団までやめずに続けることができました。
 最後までブルーで学んだことは、一生忘れないで行こうと思いました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
隆希が、左サイドでダブルタッチで抜くドリブルは、コーチとしては何でこのタイミングで抜けるのか
わからない独特のリズムがある選手だと思いました。
最後6年生の時に受験をするためほとんど来ることができなかったけど
ブルーを続けてくれたことが、コーチは嬉しかったです。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 伊福 呼人

ぼくは、ブルーイーグルスに4年の頃入った。始めは、別のチームから入って
あまり仲良くできなかくて、6年生になっても大丈夫かなと不安だったが、それは
全くちがくて、他のチームからきたぼくと仲良くしてくれたことがうれしくて、
とってもやりやすかった。
ブルーに入って初めての大会で銀メダルをとりう、このチームで良かったと感じた。
でもその相手がぼくが前に入っていたチームだった。
次こそ勝つと思った3年間一回も勝てなくて一番くやしかった。
でも6年生になり、最後の大会で優秀選手賞をとれたことがうれしかった。
今までがんばったかいがあったと思いました。
中学生になり、部活では、今、田中コーチに教えてもらっています。
またサッカーを教えてもらえるので、とてもうれしいです。
短い間でしたが、ありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
呼人の特徴、チームで唯一の左利きでした。またサッカーの創造性も高くいいパスもだしていました。
しかし呼人は、体が小さいことと判断のスピードが遅い事でボールを取られることが、多かったと思います。
その点は、中学校に行けば体も大きくなり自分が考えているプレーができるようになって行くと思いますので
努力を続けてください。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 関 太志

ぼくがブルーイーグルスに入ったのは5年生からです。最初に練習に参加した時は
みんなの事がわからないし、わからない練習などもあってとまどったけど、みんなと
サッカーをしていくとどんどん仲良くなり ブルーイーグルスでのサッカーが楽しく
なっていきました。
ブルーイーグルスでの一番悔しかった試合は夏の大会と冬の大会の一回戦負けした
ことです。一回戦を勝って優勝したかったのに2回も同じことをくり返したのは一番悔しい思い出です。
そして一番うれしかった試合は ようわフェスティバルという大会です。強いチーム
がいっぱいいる中で3位になれたのがとてもうれしかったです。
今までブルーイーグルスでサッカーを教えてくれたり手伝ってくれた関係者のみなさんありがとうございました。
これからもサッカーを続けていき、練習にも時間があれば顔を出すのでよろしくおねがいします。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
太志は、基礎技術は高い選手だと私は思います。
ブルーでの活動の中で持っている技術をうまく生かせていないように感じていました。
それは、自信を持ち失敗を恐れないというメンタルの部分の成長が足りていないと思います。
駿台中学校の部活でその部分は意識して改善していけばレギュラーにもなれると思いますので頑張ってください。
期待しております。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ
 宍戸 洋樹

僕はブルーイーグルスに六年間通いました。
最初の三年間はけがもなく楽しく通いましたが、四年生になり、成長痛が出始めてから
サッカーをするのがつらくなりました。そして、休みがちになり練習に行きづらくなりました。
でも皆とサッカーをするのは楽しいので続けたいと思い、フィールドでなくキーパーとして
続けることにしました。キーパーをしていて一番印象に残っているのは、高島平杯での
レパード戦です。この試合は、ブルーでの最後の試合で絶対負けたくない相手だったので
気合いが入りました。結果は1点をとられ負けてしまったけど、ファインセーブもできて
キーパーをしていて本当に良かったと思いました。六年間最後まで続けられたのは、コーチ
や仲間からのはげましや応援のおかげです。今後はブルーで経験した最後まであきらめずに
やることを大切に友達と仲良く助け合いながら生活していきたいと思います。
本当に六年間ありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
洋樹は、4年の最後の時にキーパーになってもらいました。
中々公式のスタメンでの出場が少なかったけどよく頑張ってくれました、ありがとう。
6年生の途中からに受験をするため来れる回数が減ったけど最後まで頑張って来てくれてうれしかったです。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます


▲ このページのトップへ
 佐藤 太河

ぼくがブルーイーグルスに入ったのは一年生でした。
お父さんがサッカーをやっていたという理由で多少強引に入団しました。
4年生くらいまで全くサッカーに興味がなく、練習もやすみがちでした。
そんなぼくが変われたのは5年生の冬の区大会です。
ぼくはBチームだったけれどがんばってプレーをしました。
そのかんばりが実ったのが優秀選手賞を受けることができました。
ぼくはうれしいと思ったのと同時にAチームでプレーしたいという気持ちが芽ばえてきました。
それから練習も休まずちゃんと行き、努力するようになりました。
ぼくは少しだけ成長していき、またマシなプレーを出来るようになりました。
ぼくは努力したら出来るということをブルーイーグルスから教えてもらいました。
これからもこのことを活かしていきたいです。
最期にブルーイーグルスの役員、お父さん、お母さん、6年間ありがとうございました。


【一之瀬コーチより】
卒団おめでとうございます。
約三年間、私によくついてきてくれてありがとう。
太河は、最初4年生のとき、そんなにサッカーに対する関心がなかったと思います。
夏の区大会でメダルを取ってからサッカーに取り組む姿勢が変わったと思います。
その後は努力をして急激にサッカー技術があがりチームの中心選手なってくれました。
中学校では、部活でサッカーをするという事なのでこれからも努力し続けて早く試合に出られるように
頑張ってください。期待しております。
ブルーで学んだことを忘れず頑張ってください。応援しています。
卒団、卒業おめでとうございます。


▲ このページのトップへ